ひょっとしたら病気の兆候かも!大量の汗がでたら多汗症を疑う

レディー

水虫を発生させる要因

医師

多汗症は、特に手足に関する症状は日常生活やビジネスに多大な支障をきたしてしまいます。放置してしまえば、脚の場合だと水虫を併発させてしまうおそれがあるので、早期に美容クリニックなどでの治療を受けていきましょう。

もっと見る

汗を抑えるテク

腕を上げる人

多汗症になってしまったら、自分の意思関係なく大量の汗をかいてしまいます。そこで、大量の汗を抑えるための適切なケア方法を説明します。特別な道具を準備する必要がないので、明日からでも実践できます。

もっと見る

汗が止まらなくなったら

脇を見る人

大量の汗が吹き出してしまったら

暑い夏になれば、大量に汗をかいてしまいます。一度外に出ただけでも、数分間全力で運動をしたのではというくらいの汗をかいてしまいます。汗をかくこと自体は、決して悪いというものではありません。体内の代謝を促進させたり、血液の循環がスムーズになり、健康を維持させるためには必要な行為です。しかし、汗をかくのは運動するときだけに抑えておきたいものです。運動以外で、会社や学校への通勤通学などで汗をかいてしまうと、自身の匂いを周辺にいる人たちに撒き散らしてしまいます。汗の匂いによって、人へ与える印象を大きく変えてしまう可能性も充分にはらんでいるので、できる限り制汗スプレーなどを利用して抑えましょう。それでも、汗が吹き出してしまったら、体内で異常がおきている可能性があるので、念の為に病院で検査を受けてみるのも悪くありません。

ひょっとしたら病気の兆候かもしれません

制汗スプレーなどを使用しても、しばらくしたら再び汗がダラダラとでてしまう人もいます。体質だからといって気にしないのは危険です。大量に制汗スプレーを使っても抑えきれないということは、多汗症にかかっている疑いがあります。多汗症になったら、暑い時期以外でも常に汗が止まらず、エアコンや扇風機の冷たい風にあたりたくなります。それに、手足が常に汗まみれになってしまうので、足を滑らせたり手に持ったものを滑って落としてしまったりします。多汗症になったら意外と日常生活にも影響を与えてしまうのです。もし、先ほどの説明に心当たりがあったら、すぐ専門の病院で検査や治療を受けていきましょう。

健康保険が適応される可能性

多汗症の治療を受付ける病院は、ほとんどが美容系のところです。美容系のクリニックではボトックス注射や超音波による治療などで症状を抑制させることができます。それらの治療を受ける際に気になってしまうものは、保険についてです。美容系イコール美容目的の治療をメインとしているところであって、生命の危機に瀕するような病の治療を主としていません。そのため、保険が適応されないのではと不安になってしまうでしょう。実は、美容系の病院では一部の治療に限って保険が適応されるケースがあります。保険が適応されやすい施術内容は、超音波による治療やボトックス注射の治療で、先ほど紹介した多汗症の治療方法がメインとなっています。そのため、多汗症の治療に関しては高額な費用を費やす心配がありません。まずは、口コミサイトなどで片っ端から美容系の病院を探していきましょう。多汗症の治療で保険適応されているところをピックアップしていけば、費用や施術手順などに関して簡単に比較できるからです。多汗症を改善したら、大量の汗をかかない爽やかな毎日を過ごせるようになります。

汗かき対策のツボ

カウンセリング

多汗症になると、体温調節や水分調節機能が鈍ってしまいがちになってしまいます。そこで、医療サイトでも紹介されている汗や体温上昇を抑制するツボを刺激してみましょう。制汗グッズが手元に無い場合の緊急対策としては有効です。

もっと見る